スマホに集中していると巻き肩の姿勢になっているそうです。これは肩こりを引き起こす原因となるそうです。これは身体の後ろではなくて、胸の筋肉をほぐすと肩こりが改善されるそうです。呼吸も楽になってリフレッシュ効果につながるそうです。胸の筋肉というのは、肩こりに関係ないような気がするかと思います。これが触ってみると意外に痛い箇所があるそうです。

小胸筋という筋肉で、常に前かがみの姿勢をとっていたり、重いものを持っていると凝り固まってしまう筋肉だそうです。小胸筋というのは、背中にある肩甲骨につながっているそうです。硬くなると肩甲骨を通じて背中側の筋肉を引っ張って緊張させて、肩コリや背中のコリの原因になるそうです。背中側の筋肉が硬くなると、小胸筋も同じ原理で引っ張られて硬くなるそうです。身体の前と後ろでコリとして影響しあってしまうのだそうです。胸のインナーマッスル小胸筋は肩甲骨と肋骨をつないでいて、呼吸の補助もしてくれるそうです。小胸筋が硬くなると肩があがって呼吸が浅くなってしまうそうです。

小胸筋のほぐし方は、胸脇の押して少し痛いところを指でおさえつつ前かがみになって腕をゆっくり円に回すそうです。10回転して逆回しもするそうです。背筋をのばして、時計の針で2時くらいの高さで腕をのばして深呼吸を2回するそうです。そのままゆっくりとうしろに一回転するそうです。2時の高さのところで、背筋をのばして合計5回ぐらいまわすそうです。これを両側やったら、肩を持ち上げて脱力を数回やるとさっぱりするそうです。肩がガチガチで腕が上がらないということがあるかと思います。これは腕と脇の老廃物流すストレッチをするといいそうです。