ハムに含まれる危険物質の避け方

 実はハムには多くの発がん性物質が含まれているのですが、大手のメーカーが販売しているハムのほとんどに、それらの物質が採用されています。例えばリン酸塩は結着剤として便利ですから、品質表示で見ないことはほとんどありません。しかし大量に摂取してしまえば、色々な病気に繋がることが実証されており、なるべく食べないように注意することが求められます。その他にも、亜硝酸ナトリウム、ソルビン酸は出来る限り避けるべきでしょう。よく若い女性が食べるチキンにもリン酸塩は使われています。豚肉よりヘルシーだと考えて選択しているのでしょうが、添加物から逃れることはできません。
 また、これらの物質以外にも、思わぬ形で摂取してしまう危険物質が存在します。実は品質表示には、危険な添加物だと分からない名目が記載されています。例えば、大豆たんぱく、乳たんぱくと耳目にしても、それほど危険性を感じることはありません。これらは使用目的からして、口にするべきものではありません。何故なら、単にかさを増やすために用いられているからです。つまり増量するために注入されているゼリーであり、消費者は馬鹿にされているのです。メーカーの中にはこれらのハムを避ける人まで存在します。危険性もそうですが、製造過程でわざわざ注入している様を見ると、食欲が沸かないのでしょう。
 ところでハムとベーコンとの違いをご存知でしょうか。ベーコンも身体によくないと言われている加工肉ですが、ハムとの違いを知ることで、選択する時の参考になるかもしれません。もちろん料理への活用の仕方にも違いはあるのですが、そもそもどのような定義であるのかも含めて、知らない人も案外多いのです。

ハムをギフトとして送る場合は、これらの危険性もはらんでいることをよく理解しておく必要があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です