和製チーズと西洋のチーズたち

日本のシーズ文化は、懐かしの「さけるチーズ」にはじまり・・・、と言ったら、歴史を端折りすぎですね。日本でのチーズの食文化は、様々な食材に活かされていますよね。チーズは、紀元前から人々によって作られている保存食なのだそうです。こんなに美味しいものを紀元前の人が考え、そのような時代にも食べられていたとは驚きですよね。チーズは保存食として作られ始めたようですが、その成分に含まれている栄養素はたんぱく質や脂肪など栄養価が大変高い食材としても知られています。保存性が高くしかも栄養価が高いということは、優秀な食材である事も示しています。牛や、ヤギ、羊などの乳を固まらせ、微生物の働きで熟成させたものをチーズと呼んでいますが、日本のスーパーなどでみかけるチーズは、ほんのわずかな種類のもので、世界には、数多くの特徴豊かなチーズが作られているようです。チーズよく一緒に食卓に並べられるハムやソーセージなどのそうですが、日本で製造されている種類はほんのわずかなもので、西洋の地では、様々な風代わりなチーズやハムなどの保存食に出逢うことができます。●モッツレラチーズ●クリームチーズ●チェダ―チーズ●エメンタールチーズ●ブルーチーズ●カッテージチーズ 皆さんは、どのくらいの数のチーズの種類を知っていますか?「プロセス」チーズは、日本独自なものであると言われていますよね。ハムなどにもそのようなものがあって、「プレスハム」と呼ばれている、ハムの加工法も日本独自の食品であるようです。和製チーズ、和製ハムといったところでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です