喉を開くストレッチで肩こり解消

脇腹のストレッチは腕を上げたときに肩まで上げないように肩甲骨は下げるイメージでやるそうです。胸と喉を開くストレッチもいいそうです。椅子に浅く座って手を後ろに組むそうです。この時、腕はまっすぐにして肩甲骨を寄せて胸を張るそうです。そのまま手を椅子に着けて上を見上げて、気道を開くそうです。喉を伸ばして胸も上向きに深呼吸しながら20秒キープするそうです。日常生活では動かす機会が少ない脇腹の筋肉をぐっと気持ちよく伸びるそうです。脇腹にある肋間筋などの呼吸筋をストレッチして、深い呼吸ができるようになると頭もスッキリしてくるそうです。

背中のコリの解消にも効果的だそうです。眠気を起こして猫背になって内側に縮こまってきた胸と喉の筋肉を、グッと上に開いて開放するそうです。気道を開く形で深呼吸をするということで、新鮮な酸素がどんどんカラダに入るそうです。鼻詰まりや肩こり、背中のコリの解消にも効果があるそうです。首に痛みがある場合は注意をしないといけないそうです。肩こりにはストレスも関係してくるそうです。そんあストレスの緩和に、左右の鼻呼吸を整えるというのがあるそです。指は自分のやりやすい形でいいそうです。

目を開きながらでもいいそうです。慣れてきたら五分くらい行うと効果的だそうです。まず姿勢をよくして両鼻で深呼吸を三回するそうです。片手で両鼻をつまむそうです。口はずっと閉じたままだそうです。右鼻の指を離して4秒かけて吸うそうです。そして4秒かけて吐くそうです。また指を戻すそうです。今度は左の鼻の指を離して4秒かけて吸ってから、4秒かけて吐くそうです。また指を戻すそうです。これを12回繰り返すそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です