脇腹を伸ばしてリフレッシュ

脇腹を伸ばすことで肺の働きを助けるストレッチをするといいそうです。ほかにも胸の表面、背中、腰の筋肉の一部も呼吸補助筋として活躍しているそうです。呼吸筋がある脇腹をじっくりとストレッチをすると深い呼吸がしやすくなるそうです。疲れやストレスによる浅い呼吸から開放されるそうです。これがリフレッシュにつながるそうです。

壁に近い方の足を前にして、両足を開いて立つそうです。左手は肘からべったり付いて、右手は左手の上にくるようにするそうです。まっすぐ伸ばしてセットとなるそうです。ここから背筋を伸ばして壁側の足の膝を軽く踏み込みながら上半身をそーっと壁側に気持ちねじるそうです。カラダを捻りすぎると腰や脇腹がつってしまうそれがあるそうです。少しだけねじるように気を付けたらいいそうです。腕から脇腹まで見た目以上によく伸びているそうです。

深呼吸をして20秒。脇腹がつらないように加減に気を付けなければならないそうです。できるなら、足の位置はそのままにして手のひらを肩甲骨にあてて、よりかかって肩こりの対策をするといいそうです。腕の先から脇腹まで一気にストレッチをするといいそうです。肩こり、背中のこりの緩和に効果的だそうです。第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉も伸ばすということで、下半身のポンプ機能をサポートして全身の血行促進に役立つそうです。

だるいとか眠いときにとてもいいそうです。壁の力を利用することで、ストレッチもパワー全開でできるそうです。体重を壁に預けるようにするのがいいそうです。とても伸びて目が覚めるそうです。脇腹ストレッチは座っていてもできるそうです。腕を伸ばして背筋を伸ばして真横に倒れてキープするそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です