肋骨ゆるめ深い呼吸で肩こり緩和

呼吸が浅いと常にリラックスできない状態なのだそうです。結果的に疲れやすい体質になってしまうそうです。胸郭お後ろにはすぐに肩甲骨があるので、肩の動きにも負担が生まれるそうです。これが肩こりの原因にもなるそうです。動きが硬くなっている人も多いそうです。

原因としては、ストレス、加齢、猫背、運動不足ということがあるそうです。肋骨を緩めると肩と呼吸も軽くなるそうです。座って行うそうです。左手を右膝の前方へ遠く伸ばしつつ背中をまるめるそうです。深呼吸を2回するそうです。そして左腕を斜め後方にゆっくり回して、目線も手の方へやるそうです。背筋を伸ばして胸を大きく開いて、深呼吸を2回するそうです。手のひらを裏表にゆっくり返す動きを足すと肩甲骨あたりが動いて新たな刺激が加わるそうです。胸が広がって新鮮な酸素でリフレッシュされるそうです。

肩と背中もとてもほぐれるそうです。身体がダル重なときには、壁で脇腹を伸ばすといいそうです。これをやると肺の呼吸が楽になって、全身に酸素がめぐるそうです。日常の動作には身体の脇側面を伸ばすということがほとんどないかと思います。コリを感じにくいということもありますが、その反面、知らないうちに縮こまってしまう部位でもあるそうです。脇腹を伸ばして、身体と心をリフレッシュするのもいいそうです。

脇腹の筋肉というのは、肺の働きを助けているそうです。肋骨を覆う周りの筋肉には、呼吸に関わる大切な役割があるそうです。深呼吸をするときに胸やお腹が大きく膨らんだりするのは、この呼吸筋たちが働いているからだそうです。肺の伸びを手伝っているのだそうです。じっくりとストレッチして深い呼吸を味わうといいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です