お湯を注ぐだけの調理法の秘密

皆さんは、インスタントラーメンのようにお湯を注ぐだけで、どうして美味しいラーメンが食べられるのかというような疑問を持った事はありませんか?また、味噌汁や白米などのフリーズドライ製品のようにお湯や水を注ぐだけで調理をしなくても、まるでマジックのように一瞬の出来事で、そのまま食べられる食品になるのは大変不思議なことですよね。保存食の技術は、日本古来から多くの人々の手によって伝承されてきた食材の貯蔵方法でもあるようです。その代表的なものに、凍みこんにゃくや、凍り豆腐などが挙げられます。凍みこんにゃくや、凍り豆腐は、冬のい寒気にさらして食材を乾燥させる「凍結乾燥法」と呼ばれています。この凍結乾燥方法を、進化させたのがフリーズドライと呼ばれる食品になります。このフリーズドライは「真空凍結乾燥法」と言いまして、凍らせた食材を真空状態にし、食材の水分を蒸発させてしまう加工を施しています。フリーズドライされた食品に、お水やお湯を注ぐと、元の状態に近い風味のまま食べられるようになるので、災害時の保存食として注目されている製法です。人類の歴史の中で伝承されてきた保存食としては、ドライフルーツや、ビーフジャーキー、ハムや、ソーセージ、ベーコンなどが挙げられますが、現在は、地球環境の中で長期間保存できる食品だけではなく、宇宙環境で長期間保存のできる宇宙食などの研究開発も、幅広く行われております。冷蔵庫や冷凍庫などで保存しなくても安定した食品の長期保存を可能とする技術開発は、今後の人々の未来を支える大きな礎ともなりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です