肩こり解消で心と身をリフレッシュ

肩こりを解消して、頭もスッキリして、身体の血の巡りもよくしてくれるというのが、ツルのポーズというヨガのポーズだそうです。身体の背面というのには、抗重力筋という重力に逆らって二足歩行の姿勢を保つ役割がある疲れやすい筋肉がたくさんあるそうです。

全身の錆をとるのが目的だという鶴のポーズというのは、上半身と下半身の背面にある疲労した筋肉たちを、一気に伸ばしてくれるそうです。筋肉を刺激してくれて、溜まりかけた疲労というのを和らげてくれるそうです。全身の血液循環を促進してくれるそうです。心臓よりも下に頭を下げるポーズということで、終わったあとに頭がスッキリする感覚があるそうです。脳の疲労回復効果も期待できるそうです。とても便利なポーズだそうです。

前屈して頭がスッキリするのは、頭を心臓より下にすることで、血液がスムーズに移動するからだそうです。そうして頭部に血液がめぐると、脳も生き生きとするそうです。大脳というのは、血流の20%を独占しているそうです。深い呼吸でリフレッシュをするのも大切だそうです。酸欠気味の身体というのは、疲れやすくなったりするそうです。深い呼吸をすると肩こりも緩和してくれるそうです。肋骨は肺や心臓など、生命活動にとって重要な臓器を囲う鎧のような役目をしているのだそうです。

肋骨のまわりをほぐして、深い呼吸とともに身体と心をリフレッシュするといいそうです。肋骨は呼吸をするたびに全体的にスライドしながら上に広がったりしぼんだりするそうです。肋骨の間についている肋間筋や、胸・お腹・首にある呼吸筋によって肋骨は動かされているそうです。肋骨の動きが硬くなると呼吸が浅くなって疲れやすいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です