体を鍛えることの効能

現代人は病気と向き合う時、西洋医療の常識を前提としています。ですから病気の捉え方が皆似通っており、多くの人は何とかして病気を取り除こうとします。しかしこの捉え方には陥穽が潜んでいます。


もちろん西洋医療や西洋薬が役に立たないというわけではありません。ケースによって、それ以外の選択肢もあるということです。


例えば、膠原病や関節リウマチは難病とされますが、西洋医療の力を借りず、ライフスタイルを改善するだけで症状が和らぐこともあります。糖尿病や高血圧も、同様のアプローチで病状の悪化を食い止めることが出来ます。西洋医療のロジックだけでは実現しなかった病状改善は、病気と睨み合うのではなく、病気の原因となった生活習慣を変えることによるのだと、お分かりになるでしょう。


病気とは、身体が発する警告であり、またSOSでもあります。このシグナルに従うならば、現況を齎した生活を変えようとするのは自然なことです。特に大切なことは、すぐにでも身体をリラックスさせることですから、その障壁となっているストレスを減らすことが先決だと言えます。ストレスは生き甲斐の無い人ほど多く、生活習慣の乱れによっても生じます。思い当たる人は改善を図りましょう。改善に有効とされる手段のひとつが整体です。体をゆっくり伸ばしたり曲げたりすることでリラックス効果が出たり、筋肉が増えることで様々なプラスの効果が出たりするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です